漢方の役割

0

    言うまでもなく、当院は「漢方治療」を大きな柱としたクリニックです。当院の医師は全員が漢方に習熟し、漢方のすばらしさを知り、そして漢方を愛しています。

    しかし、患者様にとって本当に有益な医療を実践するためには、漢方を盲信するのではなく、西洋医学も含めた統合的な視野をもって、日々の診療にあたる必要があると考えます。そこで、種々の疾患において漢方がどのように働くのか、これから数回のシリーズで取り上げていきたいと思います。

    第1回 風邪と漢方

    のどが痛い、寒気がする、節々が痛い・・というような症状がでると、誰もが「あれ、風邪ひいたかな」と思います。でも、最初の対応は人によってずいぶん違うようです。

    私がこれまで実際に聞いた例

    • 風邪なんて肉食って酒飲んだら治るぞ(研修医時代の先輩ドクター)
    • スタミナドリンク飲むと治るんですよ(以前勤めていた病院の事務長)
    • すぐに薬局に走って風邪薬買います(患者さん)
    • 風邪なんて水風呂入れば治る(某漢方医)
    • 風邪ひくのはたるんでるからだ!(某教授)
    • 私は生まれてこのかた風邪ひいたことありません(患者さん)
    • 風邪を引いたときには玉子酒に限るのう(長谷川平蔵 by 池波正太郎)

    どうも、医者のほうが荒っぽいですね。
    一般にウィルス性の風邪で、「寒気がする、体の節々が痛い、首・肩がこって汗がでない」というような風邪の場合は、まず、体をあたためて体温をある程度上げることで、体がウィルスに対抗する環境を作ってやることが大事です。そのための漢方薬としては、葛根湯(かっこんとう)・桂枝湯(けいしとう)・麻黄湯(まおうとう)・麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)・桂麻各半湯(けいまかくはんとう)などがあります。鬼平さんの玉子酒も、体をあたためると言う点ではよく似た作用かも知れませんし、卵に含まれる卵白リゾチームには抗炎症効果や免疫増強効果のあることが知られています。

    ここにあげた漢方薬は、いずれも体温のセットポイントを上げる作用があり、お薬を飲んでも、体温がセットポイントに達するまでは「寒気」が続きます。そして、ウィルスを殺すのに充分な体温になってウィルスをやっつけることができたら、そのあとは毛穴が開いてうっすらと汗をかき、体温が下がります。すでにこのときには節々の痛みなども取れているはずです。

    ウィルス性の風邪の場合、これらの漢方薬は一服か二服をのんで症状がとれればそれで役目はおしまい。もし、そのあとに咳や痰が残るようなら次の段階に移る必要があり、竹?温胆湯(ちくじょうんたんとう)や辛夷(しんい)清肺湯(せいはいとう)、小柴胡湯(しょうさいことう)などの処方の出番となります。

    また、同じウィルス性の風邪でも、最初から、のど痛、頭痛、発汗、熱感があり、悪寒を感じない場合は、葛根湯などの「あたためる」薬では上手くいかないことが多く、駆(く)風解毒湯(ふうげどくとう)・銀翹散(ぎんぎょうさん)・荊防排(けいぼうはい)毒散(どくさん)などを用います。残念ながらこれらの処方は、健康保険で使えるエキス剤にはないため、煎じ薬かOTC(薬局で買っていただく薬)での使用になりますが、とてもシャープに効くケースもあり、私は重宝しています。患者様のなかでも、駆風解毒湯(生薬を煎じてガラガラっとうがいをしてから飲み込む薬です)のファンの方も随分おられます。家庭で煎じるのが面倒くさくて・・・と言う場合は、最近、K社から「ガラゴック」という名前で駆風解毒湯のドリンク剤が出ており、これも試す価値があると思います。

    漢方では、悪寒のある風邪を「傷寒(しょうかん)」、悪寒を感じない風邪を「温病(うんびょう)」として区別しており、「どんな風邪にでも抗生物質と解熱剤とPL顆粒!」というような現代の医師よりもはるかに高度な観察力を持っていたことがわかりますね。


    【メディカルトピック】メタボリックシンドローム

    0
      ここに本文を記入してください。

      最近、メタボリックシンドロームという言葉をよく耳にします。「動脈硬化」になりやすいヒト、というと、以前は、「コレステロールや中性脂肪値が高い」ことや「糖尿病」「高血圧症」などが原因と考えられていましたが、最近は、これらに加えて、「内臓脂肪」の蓄積が重要な役割をはたしていることが注目されてきました。
      内臓に脂肪がたまってくると、アディポネクチンという、血管の老化を防ぐ物質が少なくなり、動脈硬化が進み、脳梗塞などの病気につながるというのです。
      そこで、内臓脂肪の蓄積すなわち上半身の肥満と、糖尿病、高血圧症、高脂血症の4つの症状が揃ったケースを「死の四重奏- Deadly Quartet-」などという言葉で表現するようになりましたが、あまり言葉の響きが良くない、ということで、最近は、「内臓脂肪症候群」とか、「メタボリックシンドローム」という言葉が使われるようになってきました。
      特に、日本では、動脈硬化学会や糖尿病学会、高血圧学会など8つの学会が合同で、メタボリックシンドロームの定義を次のように定めました。


      簡単に表すと、

      A) ウエスト周囲径が、男性85cm以上女性90cm以上かつ、

      a) 中性脂肪値が150mg/dl以上かつ/またはHDLコレステロール40mg/dl以下
      b) 収縮期血圧が130mmHg以上かつ/または拡張器血圧85mmHg以上
      c) 空腹時高血糖が110mg/dl以上
      のうち2項目以上あること

      となっています。

      これに合致する場合は、まず、食事・運動などの生活習慣を見直し、体重を1年で5-10%減らす事、そして、必要な場合は、適切なお薬で治療を受ける事が必要とされています。

      実は私も・・・

      実は私西本も、学生時代(たしか)69cmだったウエストが74・・79・・と、いつのまにか80cmを超えていました(はずかしい)。検査でも軽度の脂肪肝といわれ、これはまずい、ということで、2年前に、炭水化物を控えることをメインにした食事のコントロールと、運動(週1回は約3時間の山歩きをする)をおこない、その結果、体重は7Kg減り、ウエストも約5-7cm縮めることができました。
      時々、患者さまに、「まだ、リバウンドしてませんね」などと冷やかされますが、いまのところ、なんとか、ベルトの穴も元に戻ることなく経過しています。(この夏のビールで、ちょっとまずく・・・・なっていますが)

      やればできる

      患者様に減量の必要性をお話しすると、10人中9人の方が、「そんなに食べていないのですが」「水飲んでも太る」とおっしゃいます。でも・・・もう一度ご自分のライフスタイルを見直してください。どこかに、原因があるはずです。

      漢方薬では

      漢方薬のなかには、代謝を改善する作用があり、肥満症の方に使われる処方がいくつかあります。特に、防風通聖散(ボウフウツウショウサン)という処方は、昔から「臓毒症体質」・・今で言うメタボリック症候群と同じような体質と考えます・・の体質改善剤として用いられる処方で、実際に西洋医学的にもその効果が証明されています。また、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)という処方も、いわゆる「水肥り体質」の処方として有名です。
      もちろん、「ライフスタイルの改善が先」であることは、言うまでもありませんが。


      1

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM