【メディカルトピック】メタボリックシンドローム

0
    ここに本文を記入してください。

    最近、メタボリックシンドロームという言葉をよく耳にします。「動脈硬化」になりやすいヒト、というと、以前は、「コレステロールや中性脂肪値が高い」ことや「糖尿病」「高血圧症」などが原因と考えられていましたが、最近は、これらに加えて、「内臓脂肪」の蓄積が重要な役割をはたしていることが注目されてきました。
    内臓に脂肪がたまってくると、アディポネクチンという、血管の老化を防ぐ物質が少なくなり、動脈硬化が進み、脳梗塞などの病気につながるというのです。
    そこで、内臓脂肪の蓄積すなわち上半身の肥満と、糖尿病、高血圧症、高脂血症の4つの症状が揃ったケースを「死の四重奏- Deadly Quartet-」などという言葉で表現するようになりましたが、あまり言葉の響きが良くない、ということで、最近は、「内臓脂肪症候群」とか、「メタボリックシンドローム」という言葉が使われるようになってきました。
    特に、日本では、動脈硬化学会や糖尿病学会、高血圧学会など8つの学会が合同で、メタボリックシンドロームの定義を次のように定めました。


    簡単に表すと、

    A) ウエスト周囲径が、男性85cm以上女性90cm以上かつ、

    a) 中性脂肪値が150mg/dl以上かつ/またはHDLコレステロール40mg/dl以下
    b) 収縮期血圧が130mmHg以上かつ/または拡張器血圧85mmHg以上
    c) 空腹時高血糖が110mg/dl以上
    のうち2項目以上あること

    となっています。

    これに合致する場合は、まず、食事・運動などの生活習慣を見直し、体重を1年で5-10%減らす事、そして、必要な場合は、適切なお薬で治療を受ける事が必要とされています。

    実は私も・・・

    実は私西本も、学生時代(たしか)69cmだったウエストが74・・79・・と、いつのまにか80cmを超えていました(はずかしい)。検査でも軽度の脂肪肝といわれ、これはまずい、ということで、2年前に、炭水化物を控えることをメインにした食事のコントロールと、運動(週1回は約3時間の山歩きをする)をおこない、その結果、体重は7Kg減り、ウエストも約5-7cm縮めることができました。
    時々、患者さまに、「まだ、リバウンドしてませんね」などと冷やかされますが、いまのところ、なんとか、ベルトの穴も元に戻ることなく経過しています。(この夏のビールで、ちょっとまずく・・・・なっていますが)

    やればできる

    患者様に減量の必要性をお話しすると、10人中9人の方が、「そんなに食べていないのですが」「水飲んでも太る」とおっしゃいます。でも・・・もう一度ご自分のライフスタイルを見直してください。どこかに、原因があるはずです。

    漢方薬では

    漢方薬のなかには、代謝を改善する作用があり、肥満症の方に使われる処方がいくつかあります。特に、防風通聖散(ボウフウツウショウサン)という処方は、昔から「臓毒症体質」・・今で言うメタボリック症候群と同じような体質と考えます・・の体質改善剤として用いられる処方で、実際に西洋医学的にもその効果が証明されています。また、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)という処方も、いわゆる「水肥り体質」の処方として有名です。
    もちろん、「ライフスタイルの改善が先」であることは、言うまでもありませんが。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM