院長のつぶやき:去年の私の一年を振り返ってみました。(西本)

0

    1月・2月

    「黄帝内経」には、「冬は閉蔵の時なり」、つまり、冬の寒い間はなるべく無駄な外出を控え、じっとエネルギーを蓄えておくべしとある。福井の生まれなので寒さには強いはずだが、最近はめっきり冬に弱くなった。もっぱら、自宅で薪ストーブの番をしていた。好きなゴルフも冬はお休み。

    3月

    6日、旧知のO先生のご招待で、東洋医学会静岡県部会で講演。静岡の人たちは「自分の住むところから見る富士山が一番!」と誰もが言う。静岡から帰って5日後に地震。

    4月

    以前から時々左の坐骨神経痛が出るため、友人でもある整形外科のI先生に診察してもらう。すべり症などの器質的原因はなく、ストレスによる緊張だろうとのこと。う〜ん!!神戸大医学部6年のMさんが、個別実習で当院へ。毎日朝7時半からクリニックで漢方の講義。ちょっと疲れた。

    5月

    連休は家族としまなみ海道へドライブ。せっかくの景色のはずが、黄砂のために台無し。友人のN先生(7月にも登場)に教えてもらったサイクリストの聖地「光藤旅館」に泊まる。尾道ラーメンはあまりの行列に恐れをなしてパス。

    21日、講師を務める国際食育薬膳学会で講義@東京。震災以後始めて行く東京駅の暗さに驚く。

    25日は神戸大医学部6年生の漢方総論の講義。学生時代はいつも教室の最後方に陣取っていたが、いざ講義をする立場になってみると、後方に座っている学生ほど教壇からよく見えることがわかる。


    6月

    10日、東洋医学会学術総会出席のため札幌へ。すすきのではよさこいソーラン祭りの真っ最中。神戸大学東洋医学研究会の学生達の発表が大変良かった。

    7月

    クリニックスタッフのユニフォームを、より活動性が高く、かつ、涼しげなユニフォームに一新した。患者様から「いいですね!」とのお声をいただき嬉しかった。「先生はどんなに変わったかと思って診察室に入ったら以前と同じだった」と何人もの方に言われたけど・・・・・

    梅雨明け後の30日、友人のI先生、N先生と霊峰白山へ。今年こそはと思ったがやっぱり雨。これで5回目の挑戦なのに、 白山はなななか笑顔を見せてくれない。今年も強行軍の日帰り登山だったが、下山の途中に膝を痛めたN先生の荷物を代わりに担いで下山。白峰温泉のお湯が体に沁みた。


    8月

    夏休み恒例の健康診断。今年も芦屋のM先生のところで胃カメラだったが、なんとか合格。しかし、胸部レントゲンを撮った際に、背骨のゆがみがこれまでより強くなっているのを発見し、これはヤバい、と東京在住の筋肉デザイナー藤本陽平さんの紹介で、芦屋でパーソナルトレーニングジムを開いている山崎康晴さんを紹介されさっそく通うことになった。以後、一度も休まず毎週のジム通いが続いている。おかげで、立ち座りが楽になり、姿勢も少し良くなった感じ。筋肉がついたけど食欲も増したので体重が2kg増えた。

    9月

    3〜4日日本中医学会@東京。

    22日兵庫医大で講義。こちらは2・3年生が対象。18-19日の連休には台風が近づく中、小さなプロペラ機でゆらりゆらりと高知へ。旬のカツオをお腹いっぱい味わった。

    10月

    10月は学会シーズン。私が県部会長を務める日本東洋医学会兵庫県部会、同関西支部会などで忙しかった。また、来年、京都で開催される日本東洋医学会の準備委員会・プログラム委員会も毎月出席しなければならず、結構忙しい。

    11月

    京都「ルンガモ」でマネージャー兼ソムリエ(全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト)周田さんのチョイスによるワインを味わう。ルンガモはこれで3度目だが、CPも十分でいつ行っても満足。

    19〜20日は、中学校時代の陸上部のメンバー(200x4リレー)の2年ごとの例会@有馬温泉古泉閣。「見た目はオヤジだがハートはガキの頃のままさ!」

    12月

    3日、国際薬膳食育学会の上級コース講義@東京。沖縄や北海道から参加の方もおられ、皆さん熱心に聴いていただく。帰りに慶応病院に入院中の叔父を見舞った後、神宮外苑の銀杏並木を歩いた。

    14日、A先生をクリニックにお招きして、スタッフとBLS(救急蘇生法)の実習講義を受ける。患者さんが待合室で倒れた時、外の交差点で交通事故があった時などにスタッフが冷静適切な対応ができるようにとの目的・・だったが、小児科医でありながら救急救命法のインストラクターでもあるA先生が出したテーマは、「院内で一番高齢でもありストレスの多い院長が倒れた場合の対処法を勉強しましょう」!これで私も安心してハードワークにいそしめると一安心。夜は梅田のビルボードライブ大阪でスタイリスティックス。1970年代ソウルをこの歳になって生で聴けるとは!「Can’t give you anything」に感涙!


    17日、梅田のH楼でクリニックの忘年会。ドクターたちによる持ち込みのワインも9本きれいに空いちゃいましたね。

    振り返って、震災という大きな不幸のあった一年でしたが、なんとか健康に充実した日々を過ごすことが出来ました。今年も心身ともに健康を維持し、100%の力で診療にあたりたいと思います。



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM